« 「青い池」に行ってきました | トップページ | 今日の作業 »

2011年10月21日 (金)

日没が早くて

秋晴れが続いているうちにできるだけ多くの作業をやってしまいたい
でもなにぶん日が短くて・・・

5時15分にはもう手元が全く見えなくなります
夏ならもうひと仕事できる時刻なのに

062
葉むしりが終わったグラハム・トーマス   とりあえず今日は軽く束ねました
雪が降る頃にはもっと低く積雪面より下になるまで倒します

去年のように2束に分けてと思ったら、シュートが硬くて弓なりにならない
もう半分は木立のバラの要領で囲おうか・・・

1021065
葉を落とす前についていた蕾は家に中へ   開いてくれるかな

今日も穏やかな天気のため雪虫が大発生

044
雪虫はアブラムシの一種で正式名は「トドノネオオワタムシ」だそう

今日飛んでいた数は半端じゃなくて、バイクの郵便配達員さんはネックウォーマーを口まで上げて、自転車の子どもたちは「雪虫が口に入った~!」と

空間全てに蚊柱が立っている状態と言えば想像がつくでしょうか
私も一番ひどい時間帯にはもちろんマスク

041
友達が挿し木してくれたバラ   今もかわいく咲いています
旺盛に生育するそうで来年は広がって咲いてくれるかな

061
とてもきれいな形で咲いたジャック・カルティエ
来年もよろしくね

|

« 「青い池」に行ってきました | トップページ | 今日の作業 »

ガーデニング2011-②」カテゴリの記事

コメント

与作の女房さん
バラの専門家の方でも考え方がすごく違うことがありますよね。時には正反対と思えることもあって・・・私も専門家の意見をかなり自己流に解釈してやってます。
花が咲いてくれるならそれでOKってことだと思いますよscissors
与作の女房さんの地域は涼しいところだったのですね~

投稿: kinohana(与作の女房さんへ) | 2011年10月23日 (日) 19時42分

ありがとうございます。「残っている葉は取り除く」という文章はあち繰り返し目にしていたのですが、自己流の悲しさ、今までは木枯らし吹きすさぶ頃に残っている葉を叩き落していました・・よく考えたらヒドイやり方ですね。我が家は熊の出る小高い公園の隣なので、kinohanaさんのお庭と同じぐらいの気候です。

投稿: 与作の女房 | 2011年10月22日 (土) 19時36分

やなぎさん
この日はすごくきれいな色でした。やっぱり晴れると景色がちがいますね~
バラの冬囲いはひと苦労です(ρ_;)
何年先までできるかな・・・と思うことも。

きのうの雪虫、最高にすごかった時間には茫然としました。北海道と東北にいるようですよ。

投稿: kinohana(やなぎさんへ) | 2011年10月22日 (土) 17時57分

与作の女房さん
葉むしりは病気を持ちこさないのと休眠を促す意味があるそうですよ。
でも最初に青々とした葉をむしる時は勇気がいりますよね~
そちらは旭川より暖かいので、冬支度を終わらせたい日から逆算して始めると良いのかと思います。

投稿: kinohana(与作の女房さんへ) | 2011年10月22日 (土) 09時06分

こんばんは。
青い池に行って来たんですね。雲ひとつない空と青い池。吸い込まれそうですね。
バラは元気なシュートが出てくれるのは嬉しいことですが、雪の重みで折れないようにするには大変な作業ですね。こういった努力があって、毎年綺麗な庭が造れるんですね。
雪虫は寒い地域にしかいないのでしょうか?私は見たことがないです。それにしても空間全てに蚊柱とは物凄い数ですねsweat02

投稿: やなぎ | 2011年10月21日 (金) 22時56分

雪虫・・・!こちらも凄いですよ。
「葉むしり」してから束ねるのですね。まだ葉が青々としていてもはじめる冬支度にはそういう技もあるのだと初めて気がつきました。ありがとうございます。明日から早速むしりまくります(笑)

投稿: 与作の女房 | 2011年10月21日 (金) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218378/53048909

この記事へのトラックバック一覧です: 日没が早くて:

« 「青い池」に行ってきました | トップページ | 今日の作業 »